初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ラバットが今季3度目の総合1番手に進出

フリー走行3:ラバットが今季3度目の総合1番手に進出

プライベートテストの成果を発揮するように、ランク2位のラバットが最速ペースで周回。シメオン、ザルコが続き、中上は10番手に浮上。

第8戦TTアッセンのフリー走行3は26日、TTアッセン・サーキットで行われ、ランク2位のティト・ラバットが今季8度目のトップタイムをマーク。第5戦フランスGP、第6戦イタリアGPに続いて今季3度目のフリー走行総合1番手に進出した。

気温20度。路面温度28度のドライコンディションの中、 初日総合8番手のラバットは、2度のコースインで26ラップを周回すると、1分38秒台を6回、1分37秒台を16回記録。1分37秒287の1番時計を刻んだ。

初日総合6番手のチャビエル・シメオンは、4度のコースインで19ラップを周回すると、1分38秒台を8回、1分37秒台を1回記録して、0.228秒差の2番手に浮上。

初日総合1番手のヨハン・ザルコは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分38秒台を9回、1分37秒台を3回記録して、0.464秒差の3番手、フリー走行2野ラップタイムで総合3番手。

初日総合2番手のシモーネ・コルシは、0.574秒差の4番手。初日総合11番手のトーマス・ルティ、初日総合3番手のサム・ロース、初日総合4番手のジョナス・フォルガー、初日総合19番手のルイス・サロン、初日総合9番手のアレックス・リンスが続いた。

初日総合15番手の中上貴晶は、2度のコースインで25ラップを周回すると、1分39秒台を6回、1分38秒台を11回記録して、0.902秒差の10番手、フリー走行総合11番手だった。

Tags:
Moto2, 2015, MOTUL TT ASSEN, FP3, Johann Zarco, Tito Rabat, Xavier Simeon, EG 0,0 Marc VDS

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ベストスローモーション

1 year ago

ベストスローモーション