初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、ウォームアップの転倒が影響

ペドロサ、ウォームアップの転倒が影響

ウォームアップ走行で激しい転倒を喫したことから2号車への乗り換えが要求され、クラッチとブレーキの問題に見舞われた。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第8戦TTアッセンのウォームアップ走行で今季2度目の転倒を喫して左手を負傷。決勝レースでは、4番グリッドから1ラップ目に12番手に後退したが、8位まで挽回した。

「悪い1日になってしまった。今朝は非常にストレンジな転倒だった。真っすぐに走っていて、ブレーキをかけ、タイヤは既に温まっていたけど、予告なしにフロントタイヤを失ってしまい、転んでしまった。不運にもバイクはダメージを負ってしまい、僕も指を怪我してしまったけど、スタートすることができた。」

「2号車の使用を強いられたことが問題だった。スタートでクラッチに問題があり、12番手までポジションを落としてしまった。ブレーキにも問題があり、調整しようとしたけど、上手く止まることができなかった。この状況に順応することは難しかったけど、何とか数人を抜くことができた。クラッチローにシケインのブレーキングで抜かれてしまい、またポジションを落としてしまった」と、1ラップ目に順位を落とした理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL TT ASSEN, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #DutchGP

Other updates you may be interested in ›