初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

#RossiVsMarquez: チーム代表の見解

#RossiVsMarquez: チーム代表の見解

モビスター・ヤマハとレプソル・ホンダの代表であるメレガリとスッポが、レースディレクションの決定を尊重。

第8戦TTアッセンの決勝レースで優勝争いを展開したモビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシとレプソル・ホンダのマルク・マルケスは、最終ラップの最後のシケインで接触。レースディレクションは、ビデオ検証の結果、レースアクシデントと判断と共に、プレスカンファレンスに出席した2人を召集して、複数の角度から撮影されたビデオを検証した。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのチームディレクター、マッシモ・メレガリは、「アクシデントが起きた後、疑問がありましたが、スローモーションビデオで確認すると、レースディレクションの判定は正解でした。バレンティーノが先行し、マルクはトライしたところで抜くことができませんでした。その後、バレに接触。バイクを立たせ、真っすぐに進むことが唯一できたことだったと思います」と、説明。

HRCチーム代表のリビオ・スッポは、「レースディレクションはレースアクシデントだと決断したことから、我々はそれを尊重します。ザクセンリンクにはグッドなフィーリングを持って行きます。マルクはバイクの良い感じがあり、これが非常に重要です。もし、もし、もしと言うのは無駄です。」

「本当のミスは、ラスト2ラップのシケインでコースアウトしたこと。バイクが少し先に行ってしまい、グラベルに乗ってしまいました。そこでバレンティーノに引き離され、追いかけるのが不可能でしたが、彼は信じられない最終ラップで、コンマ4秒を挽回しました。バレンティーノは最終ラップにベストラップだったことから、これは大変良いことです。2人は素晴らしいレースをしました」と、レースディレクションの決定を尊重すると共にマルケスのレースを好評価した。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL TT ASSEN, Valentino Rossi, Marc Marquez, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team, #DutchGP, #RossiVsMarquez

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ