初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

将来の参戦に関して~メーカー&チーム代表者たちの見解

将来の参戦に関して~メーカー&チーム代表者たちの見解

ホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、スズキ、アプリリアの代表者たちと、プライベートチームの代表者たちが、将来の規定を歓迎。

グランプリ・コミッションの代表者たちは、第8戦TTアッセンの開催中にプレスカンファレンスを開き、競技面の保証と経済面の安定を目的とした2017年からの参戦方式を説明。現在の参戦する5メーカーとプライベートチームの代表者たちが次のように意見を語った。

リビオ・スッポ(HRC/チーム代表)
「長期に渡り規則が安定することを聞けたのは大変嬉しいです。サテライトチームを支援する新たなシステムはグッドなアイデアです。今日の全てのスポーツは主催者からの大きな支援が必要であり、ドルナの正しい方向に向けて仕事を進めています。」

リン・ジャービス(ヤマハ/マネージングダイレクター)
「現在は5メーカーが参戦。将来はKTMの参入による6メーカーとなり、多くのメーカーが参戦することは素晴らしいことです。ドルナは特にプライベートチームの支援を強化することになり、これは大変ポジティブなことです。」

パオロ・チャバッティ(ドゥカティ/プロジェクトディレクター)
「技術規則の安定は、メーカーにとって役立ち、ドルナの支援はチャンピオンシップの安定を保証します。」

ダビデ・ブリビオ(チーム・スズキ・エクスター/チームマネージャー)
「スポーツ面の安定を保証することは大変重要です。スズキのような大企業のために尽くとき、同じ条件で数年に渡って仕事をする能力があれば、全てが容易になります。チャンピオンシップにとっても良いことです。最終的に上位5チームは支援なしに対処することができることから、インディペンディエンテチームの将来と24人のライダーの確保は非常に重要です。」

ロマーノ・アルベシアーノ(アプリリア/マネージャー)
「チャンピオンシップの安定は、ドルナの最優先事項であり、技術面において、規則の安定はメーカーにとってポジティブなことです。安定した状態に向けて長期に渡る投資は、チャンピオンシップにおいて重要です。」

ルーチョ・チェッキネロ(CWM・LCR・ホンダ/チームマネージャー)
「プライベートチームにとって大変重要なニュースです。我々全員にとって、前に進むこと、スポンサーを獲得することは大変困難なことから、我々にとって、持続を可能とする手段は非常に良いニュースです。」

ミチェル・バルトメリー(エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS/チームマネージャー)
「大変素晴らしいニュースです!我々のようなチームにとって、これは大きな変更になるでしょう。ここまで来たことを誇りに思います。誰にとっても厳しい時期に、ドルナの支援なしでは、前進することは困難です。チャンピオンシップにとっても大きな一歩です。技術面の変更は、将来において、より同等となり、ナイスなチャンピオンシップになるでしょう。」

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›