初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バウティスタも右前腕を手術

バウティスタも右前腕を手術

ペドロサ、エスパルガロ弟、バルベラ、リンスに続いて、筋区画症候群の解消を目的に右前腕を手術。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアルバロ・バウティスタは今週末、昨年10番グリッドから9位、最高峰クラスで5位(2013年)、250ccクラスで3位(2008年と2009年)、125ccクラスで2位(2006年)を獲得したザクセンリンクに挑戦。チャタリングに苦戦した前戦TTアッセン後、腕上がり症状を解消するために、右前腕を手術した。

「ザクセンリンクでは、アッセンで見舞われてしまったチャタリングの問題解決に取り組む。今週末もバイクの開発と2016年型プロトタイプマシンの定義を目的にテストを実施し、重要なデータを収集しよう。」

「前戦後、筋区画症候群の手術を受けた。ここ数戦痛みに悩まされ、一刻も早く治したかったから手術を決断した。いつも通りに乗れるか確認しよう。このレース後にはサマーブレークとなるから、グッドなリザルト、特にグッドなフィーリングを持ち帰りたい」と、週末の目標を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GoPro MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Alvaro Bautista, Aprilia Racing Team Gresini

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
Moto2™クラスプレビュー

1 year ago

Moto2™クラスプレビュー