初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス:「ここ数戦ずっと追求してきた」

マルケス:「ここ数戦ずっと追求してきた」

プラクティスを再現する走りで、今季2勝目を挙げ、ポイントリーダーとのギャップを65ポイント差に詰めた。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第9戦ドイツGPの決勝レースで、ポールポジションから独走で優勝。125ccクラスに参戦した2010年から6年連続して、ポール・トゥ・フィニッシュを達成し、今季2勝目、最高峰クラス21勝目、キャリア通算47勝目を挙げて、前半戦を締め括った。

ウォームアップ走行で週末6度目、今季24度目の1番時計を刻んだ後、ライバルたちがフロントタイヤに左右非対称コンパウンドを選択した中でハードコンパウンドを装着すると、1ラップ目にポジションを譲ったが、5ラップ目にトップに躍り出ると、7ラップ目、10ラップ目にサーキットレコードラップを更新する快走で7戦ぶりに優勝。

「この優勝がすごく嬉しい。ここ数戦ずっと優勝を追求してきて、オランダで光が見えた。非常に厳しかったバルセロナの後、アッセンで実施した変更が功を奏して良い感じが戻った。このトラックに対して自信があったけど、アッセンと同じように常に上手く走れていたから、慎重になりたかった。ロレンソの後ろを走ったとき、彼のバイクのストロングポイントを確認したから、継続して改良して行かないと。来週のテストが楽しみだ」と、会心の笑みで振り返った。

レプソル・ホンダは、15日から2日間、第13戦サンマリノ&リビエラ・デ・リミニGPの開催地、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリでプライベートテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2015, GoPro MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ウォームアップ走行:ザルコが決勝前に1番時計

2 years ago

ウォームアップ走行:ザルコが決勝前に1番時計