初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ケントが今季5勝目

決勝レース:ケントが今季5勝目

ポイントリーダーのケントが独走で今季5勝目、バスケス、バスティアニーニが表彰台を獲得。尾野と鈴木は転倒リタイヤ。

第9戦ドイツGPの決勝レースは11日、ザクセンリンクで行われ、ポイントリーダーのダニー・ケントが今季3度目、キャリア通算5度目のポールポジションから独走で第2戦アメリカズGP以来となるポール・トゥ・フィニッシュを獲得。第3戦アルゼンチンGP、第4戦スペインGP、第7戦カタルーニャGPに続いて、今季5勝目、キャリア通算7勝目を達成し、ランク2位に66ポイント差のアドバンテージを広げた。

気温25度、路面温度32度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末5度目、今季22度目の1番時計を刻んだポールポジションのケントは、安定したペースで周回を刻めば、4番グリッドのエフレン・バスケスは、中盤から単独走行となって2位に入り、今季4度目の表彰台を獲得。レオパルド・レーシングが第3戦アルンゼンチンGPに続いて、今季2度目のワンツーフィニッシュを達成。

集団で展開された3位争いは、5番グリッドのエネア・バスティアニーニが僅少さで競り勝って、今季4度目の表彰台を獲得。12番グリッドのロマーノ・フェナティ、7番グリッドのニッコロ・アントネッリ、11番グリッドのホルヘ・ナバーロ、8番グリッドのブラッド・ビンダー、10番グリッドのアレックス・マスボー、9番グリッドのアンドレア・ロカテリ、13番グリッドのニクラス・アジョがトップ10入り。2番グリッドのカレル・ハニカは13位。

3番グリッドのファビオ・クアルタラロは、6ラップ目に今季5度目の転倒を喫して、今季3度目の転倒リタイヤ。

26番グリッドの尾野弘樹は、1ラップ目に今季8度目の転倒を喫して、今季5度目の転倒リタイヤ。28番グリッドの鈴木竜生は、13ラップ目に今季10度目の転倒を喫して、今季4度目の転倒リタイヤ。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのケントがランク2位のバスティアニーニに66ポイント差、欠場したランク3位のミゲール・オリベイラに88ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦インディアナポリスGPは、インディアナポリス・モータースピードウェイで8月7日に開幕、9日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスターティング

Tags:
Moto3, 2015, GoPro MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, RAC, Danny Kent, Efren Vazquez, Enea Bastianini, Leopard Racing, Gresini Racing Team Moto3

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ウォームアップ走行:ザルコが決勝前に1番時計

2 years ago

ウォームアップ走行:ザルコが決勝前に1番時計