Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:マルケスがザクセンリンクで6年連続の優勝

決勝レース:マルケスがザクセンリンクで6年連続の優勝

フリー走行1から最速時計を連発したランク4位のマルケスがザクセンリンクでポール・トゥ・フィニッシュを達成。ペドロサ、ロッシ、ロレンソ、イアンンーネが続き、代役の青山は転倒リタイヤ。

第9戦ドイツGPの決勝レースは12日、ザクセンリンクで行われ、ランク4位のマルク・マルケスがポールポジションから独走で優勝。125ccクラスに参戦した2010年から6年連続して、ポール・トゥ・フィニッシュを達成し、今季2勝目、最高峰クラス21勝目、キャリア通算47勝目を挙げて、前半戦を締め括った。

気温27度、路面温度42度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末6度目、今季24度目の1番時計を刻んだマルケスは、ライバルたちがフロントタイヤに左右非対称コンパウンドを選択した中でハードコンパウンドを装着すると、1ラップ目にポジションを譲ったが、5ラップ目にトップに躍り出ると、7ラップ目、10ラップ目にサーキットレコードラップを更新して、ライバルたちとのアドバンテージを広げた。

2番グリッドのダニ・ペドロサは、2.226秒差の2位。今季の最高位に進出して、レプソル・ホンダが2年連続、今季初のワンツーフィニッシュを達成。

6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、5.608秒差の3位。開幕から9戦連続の表彰台を獲得すると、3番グリッドのホルヘ・ロレンソは、9.928秒差の4位。

4番グリッドのアンドレア・イアンノーネは単独走行で5位。9番グリッドのブラドリー・スミス、10番グリッドのカル・クラッチロー、8番グリッドのポル・エスパルガロ、15番グリッドのダニロ・ペトルッチ、7番グリッドのアレイシ・エスパルガロがトップ10入り。12番グリッドのマーベリック・ビニャーレス、5番グリッドのヨニー・エルナンデェスが続き、13番グリッドのエクトル・バルベラが、オープンプションの最高位となる13位に進出。

 

11番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、15ラップ目に今季3度目の転倒で今季2度目の転倒リタイヤ。ウォームアップ走行で22番手だった22番グリッドの青山博一は、5ラップ目に今季3度目の転倒でリタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロッシがランク2位のロレンソに対して、13ポイント差にアドバンテージを広げた。

次戦インディアナポリスGPは、インディアナポリス・モータースピードウェイで8月7日に開幕、9日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスターティング

Tags:
MotoGP, 2015, GoPro MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, RAC, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Valentino Rossi, Repsol Honda Team, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ウォームアップ走行:ザルコが決勝前に1番時計

1 year ago

ウォームアップ走行:ザルコが決勝前に1番時計