初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティが2日間のテスト終了

ドゥカティが2日間のテスト終了

2ヶ月後のホームレースを視野にドビツィオーソとイアンノーネが2日間のテストを実施。

ドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとアンドレア・イアンノーネは16日、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで、2日間のプライベートテストを終了。前戦ドイツGPまでのセットアップを見直すと同時に、2ヶ月後に当地で開催される第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを視野に入れ、後半戦に向けて準備を進めた。

合計132ラップを周回して、昨年6番グリッドに進出した予選タイム(1分33秒439)、4位を獲得した決勝レースのベストラップ(1分34秒330)を大きく上回る1分32秒5を記録したドビツィオーソは、「2日間のテストは、僕たちに関心があったセットアップのテストに取り組むことができたから、本当に有用だった。レースウィーク中は、このようなことに費やす時間がない。電子制御とセットアップの微調整に取り組み、ペースは全く悪くなかった。」

「ベストラップは中古タイヤを履いた午前中に出たけど、午後は非常に暑く、ソフトタイヤも履かず、タイムアタックにもトライしなかった。」

101ラップを周回して、昨年2番グリッドを獲得した予選タイム(1分33秒289)と5番手に進出した決勝レースのベストラップ(1分34秒751)を上回る1分32秒7を記録したイアンノーネは、2ヶ月前の5月12日にムジェロ・サーキットで実施したプライベートテストの際に転倒で負傷した左肩の痛みが再発。

「1日半のテストで合計3本しかタイヤが使えず、全てがハードコンパウンド。その状況の中でペースがコンマ5秒も良くなった。これは僕たちにとって重要なこと。テストを途中で中断したことが残念。肩が非常に痛く、ハードにプッシュできず、速く走ることができなかった。良い仕事をして、バイクのグッドなフィーリングがある。将来に向けて重要な情報を大量に収集した」と、テストを振り返った。

テストライダーのミケーレ・ピロは、3日間のテストを実施。主に電子制御の開発作業に着手すれば、オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチも2日間のテストに参加。チームメイトのヨニー・エルナンデェスが使用するデスモセディチGP14.2を初めて走らせ、当地で開催されるグランプリでデスモセディチGP14から乗り換えることになった。

Tags:
MotoGP, 2015, Andrea Iannone, Michele Pirro, Danilo Petrucci, Andrea Dovizioso, Ducati Team, Octo Pramac Racing

Other updates you may be interested in ›