初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス:「深い哀悼の意を送りたい」

マルケス:「深い哀悼の意を送りたい」

レースアクシデントが原因で同胞の2人が事故死したことにショックを受けたことを明かした。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは21日、チームのタイトルスポンサー、レプソル社が運営するソーシャルメディアを通じて、マツダ・レースウェイ・ラグナセカで発生したレースアクシデント、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで実施したプライベートテストを振り返り、サマーブレイクの重要性を説明した。

「何て悲しい知らせなんだろう。朝起きたら悲報が届き、まだショック状態が続いている。ベルナルト・マルティンとダニ・リバスの家族に深い哀悼の意を送りたい。モーターサイクルにとって服喪の期間。ジュール・ビアンキの家族にもお悔やみ申し上げたい。」

「先週伝えたように、ミサノでテストを実施。1日目はバイクのポジション。これは決して小さなテーマではない。非常に重要なことで、改善が必要だと感じていた。コーナーの進入が難しさがあったから、セットアップにも取り組みたかった。非常に有効なテストとなった。それに、2016年型のプロトタイプマシンを試すことができた。」

「さら、ミサノから海へ、サーキットからビーチへ。バイクから水上バイクに乗り換える。とこにかく、楽しまないと!」

「ライダーたちは遠征に不満を持つことが多いけど、休みがないから観光は少しだけ。その機会はほとんどない。今回のように数日間の自由時間がある場合には、どこか遠いところに行くより、好きな人たちと一緒に過ごすこと、リラックスの時間を過ごすことを望むんだ。」

「今週の土曜からトレーニングを再開。気持ちをもう一度切り替えて、インディアナポリスに向けて集中しよう。みんなもパーフェクトな夏を楽しんで、バカンス明けに会おう!」

Tags:
MotoGP, 2015, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
サマーブレイクの過ごし方

1 year ago

サマーブレイクの過ごし方