初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:佐々木がランク1位に進出

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:佐々木がランク1位に進出

アジア&オセアニア地域におけるヤングライダーの発掘及び育成を目的に開催される当大会のオープニングランドがタイで開幕。地元勢が連続優勝すれば、連続2位の佐々木がランク1位に飛び出した。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップの開幕戦タイ大会は週末、スーパーバイク世界選手権の併催として、チャーン・インターナショナル・サーキットで行われ、21日の第1レースでソムキャット・チャントラ(タイ/16歳)、22日の第2レースでナカリン・アティラプバパト(タイ/19歳)が優勝。佐々木歩夢(14歳)がランク1位に進出した。

3月2日から3日間、第3戦と最終戦の開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで3日間のテストを実施したヤングライダーたちは、当地に初めて乗り込み、2度のフリー走行と公式予選を経て、オープニングレースを迎えると、2年目を迎えた9番グリッドのチャントラが初優勝。3番グリッドの佐々木が2位、10番グリッドのゲリー・サリム(インドネシア/17歳)が3位に進出。1年目組みでは、眞崎一輝(13歳)が最高位の4位に進出。第2レースでは、2番グリッドのアティラプバパトが初優勝。佐々木、眞崎が表彰台を獲得した。

当大会ディレクターのアルベルト・プーチは、「タイ人たちにとって、ホームでの優勝は非常に重要であり、ビックなステップを果たしました。昨年は日本人たちが大会を圧倒していましたが、他の国のライダーたちは成長しました。これはアジアで起きている変化です。タイ、マレーシア、インドネシアのライダーたちはレベルがアップしました。ステップ・バイ・ステップで我々の目標を達成しています」と、2年目のオープニングラウンドを評価。

ランキングは、連続2位の佐々木が40ポイントを獲得して1位。アティラプバパトが4ポイント差のランク2位、眞崎が11ポイント差のランク3位に進出。

日本勢は、國峰啄磨(16歳)が7位と5位でランク6位。布施海透(15歳)は11位と10位でランク11位、伊達悠太(15歳)は12位と11位でランク12位、小椋藍(13歳)は第1レースで10位に入ってランク14位、山中琉聖(13歳)は第2レースで15位に入り、ランク17位。

ヤングライダーたちは、第2戦カタール大会に向けて、直接カタールの首都ドーハに移動。28日に第1レース、29日に第2レースが行われる。

Tags:
SAATC, 2015

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
日テレが開幕前に特番を提供

2 years ago

日テレが開幕前に特番を提供