初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP™クラスプレビュー

MotoGP™クラスプレビュー

サマーブレイクが終了し、後半戦が今年もインディアナポリスで開幕。今年2度目となる2連戦の緒戦、残り9戦の緒戦にリフレッシュした最高峰クラスのライダーたちが集結。

第10戦インディアナポリスGPは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで今週7日に開幕、9日に決勝レースが行われ、開幕戦カタールGPから前半戦全9戦を連続表彰台獲得したバレンティーノ・ロッシがポイントリーダーとして、反撃を試みるライバルたちの挑戦を受ける。

インディアナ州のインディアナポリス市郊外に位置する歴史的なサーキットで、世界で唯一国定文化財に指定されるモータースポーツ施設で初めてチャンピオンシップが開催されたのは、2008年。今年で8年連続の開催となり、アメリカでは通算28回目の大会となる。

前戦ドイツGPでキャリア4度目となる開幕から9戦連続表彰台獲得に成功したロッシは、当地初開催の2008年にポール・トゥ・フィニッシュを決め、昨年3位に入り、6年ぶりに表彰台を獲得。2009年以来6年振りのタイトル獲得に向けて、2005年以来10年振り3度目となる開幕から10戦連続表彰台獲得で、後半戦のスタートダッシュを目指す。

前戦で6戦連続の表彰台を逃したランク2位のホルヘ・ロレンソは、2008年の優勝を含めて6度の表彰台を獲得した当地に向けて、既に欧州から移動。2012年以来3年振りのタイトル獲得を目指して、ポイントリーダーとのギャップ、13ポイント差を詰めたいところ。

ランク3位のアンドレア・イアンノーネとランク5位のアンドレア・ドビツィオーソは、ホームレースとなる1ヶ月後の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを視野に入れ、前戦後にミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで2日間のプライベートテストを実施。再舗装されたトラックにおけるデータ収集とセットアップの検証と調整の機会となったが、イアンノーネは、5月のプライベートテストで負傷した右肩の痛みが再発。初日に回復具合を確認する。

前戦で今季初めてワンツーフィニッシュを決めたレプソル・ホンダは、昨年5連勝を達成した当地からの後半戦と来季に向けて、前戦後に3日間のプライベートテストを実行。2013年と2014年に優勝したランク4位のマルク・マルケスと2010年と2012年に優勝したランク7位のダニ・ペドロサは、調整が進んだセットアップを基に、アメリカに乗り込む。

スズキのファクトリーチーム、チーム・スズキ・エクスターもドゥカティとホンダのファクトリーチームと共にミサノでプライベートテストを実施。ランク10位のマーベリック・ビニャーレスとランク12位のアレイシ・エスパルガロは、開発作業を継続すると共にトラクションの向上を目指してシャーシセットアップに取り組んだ。

アプリリアは、チーム運営が困難となり、欠場を発表したフォワード・レーシングとの間で契約を解除したステファン・ブラドルを後半戦に起用。当大会でヤマハ・フォワードからRS-GPに乗り換える。

サテライトチームの注目が集まるのは、モンスター・ヤマハ・テック3。サテライト勢の最高位に進出するランク6位のブラドリー・スミスとランク9位のポル・エスパルガロは、ヤマハ発動機の招集を受けて、鈴鹿8時間耐久レースに初参戦すると19年ぶり5度目の優勝に貢献。リラックスの時間があまりなかったが、勢いに乗って、当地に乗り込む。

ランク11位のダニロ・ペトルッチは、ドゥカティ・チームに合流して、2日間のプライベートテストを実施。チームメイトが使用するデスモセディチGP14.2をテストする機会があり、モチベーションが高まる。

オープンオプションは、地元出身のニッキー・ヘイデンに注目。第7戦カタルーニャGPで左足を負傷したカレル・アブラハムは、ホームレースでの復帰を目指して今大会を欠場。代役にトニ・エリアスが起用され、フォワード・レーシングのロリス・バスは欠場する。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, #IndyGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
Moto3クラスプレビュー

2 years ago

Moto3クラスプレビュー

motogp.com
After the Flag: ピットボックス編

2 years ago

After the Flag: ピットボックス編