Tickets purchase
VideoPass purchase

バウティスタ:「夏休みは右前腕の治療に専念」

バウティスタ:「夏休みは右前腕の治療に専念」

前戦後に手術を受けた右前腕が炎症を起こしたことから、夏休みを返上して検査と治療に専念。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、夏休みを利用して、前戦ドイツGPの直前に前腕の筋区画症候群を解消するために手術を受けた右前腕の治療に専念したことを説明。新たに迎え入れたチームメイト、ステファン・ブラドルと共に、今週末の第10戦インディアナポリスGPでアプリリアRS‐GPの開発作業を継続する。

「あまりリラックスする時間がなかった。ビーチに行きたかったけど、単に行けなかった。実はザクセンリンクの後で、手術した前腕が腫れ上がってしまい、検査と治療を繰り返す必要があった。」

「とにかく、インディアナポリスに集中して、前半戦に実行した開発作業を続ける。反時計回りのトラックだけど、来年型を決定するために重要なデータを収集したい。ブラドルの加入を歓迎したい。戦闘力のあるチームメイトは決定的にポジティブ。一緒にRS‐GPの開発を急ピッチで進めたい」と、週末の目標を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Alvaro Bautista, Aprilia Racing Team Gresini, #IndyGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
Moto2™クラスプレビュー

1 year ago

Moto2™クラスプレビュー

motogp.com
MotoGP™クラスプレビュー

1 year ago

MotoGP™クラスプレビュー

motogp.com
Moto3クラスプレビュー

1 year ago

Moto3クラスプレビュー

motogp.com
After the Flag: ピットボックス編

1 year ago

After the Flag: ピットボックス編