Tickets purchase
VideoPass purchase

フォワード・レーシング、第11戦チェコGPから復帰

フォワード・レーシング、第11戦チェコGPから復帰

早期復帰を目指して調整活動に専念していたが、次戦の復帰に目処が立ち、ブラドルの後任にコルティを召集。

フォワード・レーシングは6日、予定通りに次戦チェコGPに活動を再開することを発表。困難な状況の支援を受けたドルナスポーツ、IRTA国際レーシングチーム連盟、複数のパートナー、スポンサーに対して感謝のメッセージを送ると共に、今季起用するロリス・バス、シモーネ・コルシ、ロレンソ・バルダッサーリに加え、クラウディ・コルティを残り8戦に起用されることを明かした。

先月27日、チームオーナー兼チームマネージャーのジオバンニ・クザーリが今月中旬に脱税及びマネーロンダリングなどの疑惑により、スイス・ティチーノ州当局により逮捕されたことから、最終戦まで活動を継続する目的で、チームの活動資金であるスポンサー対応などの困難な状況を最小限に抑えるために、今週末の第10戦インディアナポリスGPを休戦し、調整作業に専念することを発表。

その一方で31日には、ステファン・ブラドルとの双方合意により、契約を解除したことから、前戦ドイツGPでブラドルの負傷代役として招集したコルティを後任に指名した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Lorenzo Baldassarri, Claudio Corti, Loris Baz, Simone Corsi, Forward Racing

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›