初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:リンスが今季2度目の1番時計

フリー走行1:リンスが今季2度目の1番時計

ランク4位のリンスが初めて最初のセッションで1番手発進を決めると、フォルガー、ラバットが続き、ザルコは15番手。

第10戦インディアナポリスGPのフリー走行1は7日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ランク4位のアレックス・リンスが第5戦フランスGPの公式予選以来、今季2度目のトップタイムをマーク。中量級で初めて週末最初のプラクティスを制した。

2013年にポール・トゥ・フィニッシュを決めた当地に戻って来たリンスは、1分38秒台を9回、1分37秒台を2回記録すれば、ランク7位のジョナス・フォルガーは、1分38秒台を6回、1分37秒台を1回記録して、0.070秒差の2番手に進出。

前戦ドイツGP前に左鎖骨を骨折したティト・ラバットは、1分38秒台を最多の11回、1分37秒台を2回記録して、0.162秒差の3番手。ドミニケ・エガーター、ミカ・カリオ、サム・ロース、ハーフィス・シャハリン、フランコ・モルビデッリが続き、中上貴晶は0.523秒差の9番手。

前戦勝者のチャビエル・シメオンは10番手。ポイントリーダーのヨハン・ザルコは、0.780秒差の15番手だった。

フリー走行1‐リザルト

Tags:
Moto2, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP1, Tito Rabat, Alex Rins, Jonas Folger, Paginas Amarillas HP 40

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ブレーキング・アナリシス

2 years ago

ブレーキング・アナリシス