初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ケントが23度目の1番時計

フリー走行1:ケントが23度目の1番時計

ポイントリーダーのケントが転倒を喫したが、2番手にコンマ5秒差の1番手発進。

第10戦インディアナポリスGPのフリー走行1は7日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ポイントリーダーのダニー・ケントが今季23度目のトップタイムをマーク。開幕戦カタールGP、第5戦フランスGP、第8戦TTアッセン、前戦ドイツGPに続いて、3戦連続5度目の1番手発進を決めた。

ランク2位に対して、66ポイント差のアドバンテージを持つケントは、13ラップ目に今季6度目の転倒を喫したが、12ラップ目に唯一1分41秒台に進出すれば、ランク4位のエフレン・バスケスは0.581秒差の2番手。

前戦で左手を骨折したランク3位のミゲール・オリベイラは、0.690秒差の3番手に進出。ニッコ・アントネッリ、エネア・バスティアニーニ、ブラッド・ビンダー、ファビオ・クアルタラロ、ロマーノ・フェナティ、カレル・ハニカ、イサック・ビニャーレスがトップ10入り。

当地初挑戦となる日本勢は、鈴木竜生が2.811秒差の27番手、尾野弘樹が3.014秒差の30番手だった。

フリー走行1‐リザルト

Tags:
Moto3, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP1, Danny Kent, Efren Vazquez, Miguel Oliveira

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
プレスカンファレンス~インサイド

1 year ago

プレスカンファレンス~インサイド

motogp.com
夢の共演: MotoGP™マシン対インディカー

1 year ago

夢の共演: MotoGP™マシン対インディカー