初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:リンスが初のフリー走行総合1番手

フリー走行3:リンスが初のフリー走行総合1番手

新人王最有力候補のリンスが10戦目で初めてフリー走行総合1番手に進出すれば、初日総合1番手のラバットが最速リズム。

第10戦インディアナポリスGPのフリー走行3は8日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ランク4位のアレックス・リンスが週末2度目、今季3度目のトップタイムをマーク。中量級で初めてフリー走行総合1番手に進出した。

初日総合4番手のリンスは、1分37秒台を8回、1分36秒台を最多の4回記録。1分36秒821の1番時計を刻めば、初日総合8番手のフランコ・モルビデッリは、1分37秒台を5回、1分36秒台を1回記録して、0.017秒差の2番手に浮上。

初日総合1番手のティト・ラバットは、1分37秒台を最多の16回、1分36秒台を3回記録して、0.043秒差の3番手。初日総合2番手のサム・ロース、初日総合7番手のジョナス・フォルガーが続いた。

初日総合3番手の中上貴晶は、1分37秒台を11回記録して、0.736秒差の8番手。フリー走行2のラップタイムでフリー走行総合5番手に位置すれば、初日総合5番手のヨハン・ザルコは、4ラップ目にマシンがストップしたことが影響して、0.842秒差の10番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto2, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP3, Alex Rins, Franco Morbidelli, Tito Rabat, Paginas Amarillas HP 40

Other updates you may be interested in ›