初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「1列目を獲得できて嬉しい」

ペドロサ:「1列目を獲得できて嬉しい」

インディでの3年振り3度目の優勝に向け、課題はグリップの向上とライディングの調整。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第10戦インディアナポリスGPの公式予選で2番時計を記録。開幕戦カタールGP、前戦ドイツGPに続いて、2戦連続3度目の2番グリッドを獲得した。

初日4番手と7番手の総合7番手だった後、2日目はフリー走行3でトップから0.367秒差の4番手。フリー走行4は、1分33秒台を9回記録して、0.750秒差の3番手。公式予選2では、0.171秒差の2番手に入った。

「マルクとホルヘよりレースペースが遅いから、今日はタイヤの仕事を沢山取り組んだ。公式予選はすごく良かった。2本目のタイヤにすごく良い感触があったけど、ミスを犯してしまい、もう1周したけど、上手く行かなかった。1列目を獲得できて嬉しい。トラックの前半セクションを良くできるから、コンマ数秒を稼ぐために仕事を続けよう。優勝争いするために、もう少しグリップを増して、ライディングを調整しよう」と、決勝レースに向けて課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #IndyGP

Other updates you may be interested in ›