初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ、連続参戦の新記録に挑戦

ドビツィオーソ、連続参戦の新記録に挑戦

14年前に16歳でフル参戦を開始してから1戦も欠場せず、ロッシが5年前に樹立した連続参戦記録の更新に挑戦。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第10戦インディアナポリスGPの決勝レースに10番グリッドから出走すれば、通算参戦数が231戦に到達。バレンティーノ・ロッシが2010年5月の第3戦フランスGPで樹立した歴代最多の連続参戦記録を更新する。

29歳のイタリア人ライダーは、鈴鹿サーキットで開催された2002年4月の開幕戦日本GPからレギュラーライダーとしてレギュラー参戦を開始。2011年10月の第17戦マレーシアGPでは決勝レースがアクシデントにより中止となったが、前戦ドイツGPまで1戦も欠場することなく出走を続け、2010年6月の第4戦イタリアGPフリー走行2で転倒を喫した際に右足脛骨を骨折したことから欠場が強いられ、連続出走が途切れたロッシの記録に並んだ。

連続出走ランキング
1. バレンティーノ・ロッシ: 230戦 (1996年開幕戦マレーシアGP~2010年第3戦フランスGP)
1. アンドレア・ドビツィオーソ: 230戦 (2002開幕戦年日本GP~2015年第9戦ドイツGP)
3. マックス・ビアッジ: 201戦 (1992年第11戦イギリスGP~2005年最終戦バレンシアGP)
4. ランディ・ド・プニエ: 190戦 (1999年開幕戦マレーシアGP~2010年第8戦ドイツGP)
5. サンドロ・コルテセ: 177戦 (2005年開幕戦スペインGP~2015年第9戦ドイツGP)

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Andrea Dovizioso, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›