初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ、通算700戦目に王手

ホンダ、通算700戦目に王手

1959年に初参戦してから56年後、1961年に初優勝してから54年後、コンストラクターとして初の通算700勝目に王手。

ホンダは、前戦ドイツGPのMotoGP™クラス決勝レースで、マルク・マルケスが優勝を挙げ、チャンピオンシップにおける通算の優勝数を698勝に伸ばしたことから、今週末にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催される次戦インディアナポリスGPで、もし、Moto3™クラスとMotoGP™クラスで優勝を挙げれば、通算700勝の記録に打ち立てることになる。

前戦で終えて、MotoGP™クラスで109勝、500ccクラスで156勝、350ccクラスで35勝、250ccクラスで207勝、Moto3™クラスで14勝、125ccクラスで164勝、50ccクラスで13勝。

チャンピオンシップ67年の歴史上、全2907レースで24%の勝率を誇り、79名のライダーがホンダマシンで優勝を飾った。

698勝に最も貢献した優勝ランキング
1. ミック・ドゥーハン: 54勝
2. ダニ・ペドロサ: 49勝
3. ジム・レッドマン: 45勝
4. マイク・ヘイルウッド: 41勝
5. バレンティーノ・ロッシ: 33勝
6. フレディ・スペンサー: 27勝
7. ルイジ・タベリ: 26勝
8. マルク・マルケス: 21勝
9. ロリス・カピロッシ: 19勝
10. ワイン・ガードナー: 18勝

節目の勝利
初優勝: 1961年スペインGP(モンジュイック)‐トム・フィリス(125ccクラス)
100勝目: 1966年ダッチTT(TTアッセン)‐ルイジ・タベリ(50ccクラス)
200勝目: 1988年アメリカGP(ラグナセカ)‐ジム・ファイア(250ccクラス)
300勝目: 1992年ダッチTT(TTアッセン)‐アレックス・クリビーレ(500ccクラス)
400勝目: 1996年リオGP(ジャカレパグア)‐青木治親(125ccクラス)
500勝目: 2001年日本GP(鈴鹿)‐バレンティーノ・ロッシ(500ccクラス)
600勝目: 2005年オーストラリアGP(フィリップアイランド)‐ダニ・ペドロサ(250ccクラス)

コンストラクター優勝ランキング(第9戦ドイツGP終了時点)
1. ホンダ: 698勝
2. ヤマハ: 489勝
3. アプリリア: 294勝
4. MVアグスタ: 275勝
5. スズキ: 155勝
6. デルビ: 107勝
7. カワサキ: 85勝
8. クライドラー: 68勝
9. ジレラ: 59勝
9. KTM: 59勝

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, #IndyGP, #GermanGP

Other updates you may be interested in ›