初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:リンスが初優勝

決勝レース:リンスが初優勝

リンスが中量級で初めてのポール・トゥ・フィニッシュを達成。ザルコ、モリビデッリが表彰台。中上は9位。

第10戦インディアナポリスGPの決勝レースは9日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ランク4位のアレックス・リンスが今季2度目のポールポジションから初優勝、キャリア通算9勝目を挙げ、ランク2位に浮上した。

気温27度、路面温度32度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で8番手だったリンスは、優勝争いの集団に位置すると、ラスト2ラップに前に飛び出して、ライバルたちを抑えれば、8番グリッドのヨハン・ザルコは、0.482秒差の2位。2戦連続5度目の2位、9戦連続の表彰台を獲得すれば、9番グリッドのフランコ・モルビデッリは、0.888秒差の3位。前戦ドイツGPの最終ラップで逃した初表彰台を獲得。

11番グリッドのドミニケ・エガーターは、積極的にレースをリードして4位に進出。2番グリッドのティト・ラバット、4番グリッドのトーマス・ルティ、18番グリッドのアクセル・ポンス、16番グリッドのチャビエル・シメオンが続いた。

ウォームアップ走行で6番手だった6番グリッドの中上貴晶は、1ラップ目に21番手まで後退したが、ポジションを巻き返して、2戦連続3度目の1桁台進出となる9位。13番グリッドのアレックス・マルケスがトップ10入り。

トップグループ内で走行していた7番グリッドのサム・ロース、14番グリッドのハーフィス・シャハリン、3番グリッドのミカ・カリオは、転倒リタイヤ。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのザルコが20ポイントを加算すれば、リンスが71ポイント差の2位に浮上、ラバットが74ポイント差の3位に後退。

次戦チェコGPは、ブルノ・サーキットで14日に開幕、16日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
Moto2, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, RAC, Johann Zarco, Alex Rins, Franco Morbidelli

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
エッテル親子の挑戦

1 year ago

エッテル親子の挑戦