初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「表彰台争いは厳しい」

ロッシ:「表彰台争いは厳しい」

初日総合10番手からフリー走行4で4番手まで挽回したが、10戦連続の表彰台獲得に向けて、厳しいバトルになることを予想。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第10戦インディアナポリスGPの公式予選で8番時計を記録。8番グリッドから優勝した開幕戦カタールGPと第3戦アルゼンチンGP、3位を獲得した第6戦イタリアGPの再現に向けて、厳しいレースが控えていることを説明した。

初日に5番手と10番手で総合10番手だった後、2日目はフリー走行3でトップタイムから0.589秒差の9番手。フリー走行4は、1分33秒台を最多の12回記録して、0.825秒差の4番手に浮上したが、公式予選2では、0.627秒差の8番手に後退。

「初日はすごく遅く、少し心配だった。グッドなベースから始められなかったけど、今日は状況が良くなり、ペースはそれほど悪くなかった。フリー走行4は4番手。レベルとポテンシャルが大きく良くなった。タイヤを上手く温存できるようになったけど、予選では2列目を確保するには十分な強さがなかった。」

「渋滞とミスが原因で3列目からスタートする。僕は速くないから、これは大きな問題だ。解決が必要な問題が幾つかあるから、明日はもう一歩前進する必要がある。マルクとホルヘは非常に強いから表彰台争いは厳しいだろう。それに、ダニはザクセンリンクのように強い」と、厳しいレースになることを予想した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #IndyGP

Other updates you may be interested in ›