初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ兄:「気持ちを切り替えよう」

エスパルガロ兄:「気持ちを切り替えよう」

プライベートテストの成果を発揮できず、リアエンドに違和感が出てしまう厳しい状態の中で完走14位。

チーム・スズキ・エクスターのアレイシ・エスパルガロは、第10戦インディアナポリスGPの決勝レースで、今季最低の4列目12番グリッドから3戦連続7度目のポイント圏内となる14位で完走。前戦ドイツGP後のプライベートテストで好感触を得たが、初日から思うようにコーナーに進入できず、グッドなセットアップと信頼感が見つけられなかったことを説明した。

「バイクの信頼感が見つけることができず、それがレースに影響してしまい、非常に厳しい週末になってしまった。グッドなスタートで、ポジションを幾つか挽回したけど、2~3周すると、リアエンドに違和感が出てしまい、コーナーの進入でロックするような症状が起きてしまった。エンジンブレーキを解除しても問題を解決できなかった。」

「レース後のタイヤは破損状態。これは何かが悪かったことを意味する。グッドなラップタイムを維持することは不可能だった。チームのために何とか完走したかったけど、非常に危険な状態だった。残念だけど、気持ちを切り替えて、ブルノのことを考えよう。直接現地入りすることも役立つはずだ」と、次戦に向けて前向きな姿勢を見せた。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Aleix Espargaro, Team SUZUKI ECSTAR, #IndyGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ホンダ通算700勝

1 year ago

ホンダ通算700勝