Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「この結果を喜ぶべき」

ロレンソ:「この結果を喜ぶべき」

今季最高と自賛したスタートダッシュから2位を獲得して、ポイントリーダーとの差を9ポイントまで接近。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第10戦インディアナポリスGPの決勝レースで、3番グリッドから2位。今季6度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーとのギャップを9ポイント差に詰めることに成功した。

ウォームアップ走行で今季初めての転倒を喫した際に1号車の車体にダメージを受けたことから、2号車に乗り換えて決勝レースを迎えると、今季最高と自賛したスタートダッシュでトップに飛び出し、マルク・マルケスとの優勝争いを展開。

「最悪になったかもしれないし、最高になったかもしれない。2位は常にグッドなリザルト。世界最高のライダーたちによるレースだから、優勝争い、トップ走行は常に難しい。スタートから全力でプッシュして、もしかしたら、僕を追いかけたマルクより体力を消耗してしまったかもしれない。」

「彼がアタックを仕掛けたとき、僕には十分なエネルギーがなかった。少なくても、バレンティーノに対して、4ポイント差を詰めた。マルクに対して、5ポントを譲ったけど、彼とのポイント差はまだ大きい。困難だった週末の後で、ウォームアップ走行の転倒の後で、この結果を喜ぶべきだと思う。次戦がどうなるか楽しみだ」と、レースを分析した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #IndyGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ホンダ通算700勝

1 year ago

ホンダ通算700勝

@BSMotoGP

1 year ago

Recap on #MotoGP race tyre choice. Factory Honda/Yam hard front & rear, Ducati & Suzuki hard front/med rear, open class hard front/soft rear

motogp.com
エッテル親子の挑戦

1 year ago

エッテル親子の挑戦