初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ポイントリーダーのケントが初日1番手

フリー走行2:ポイントリーダーのケントが初日1番手

フリー走行1で2番手だったケントが、ポイントリーダーの貫録を見せる今季26度目の最速時計を記録。尾野と鈴木は10番手と13番手。

第11戦チェコGPのフリー走行2は14日、アウトモトドローム・ブルノで行われ、ポイントリーダーのダニー・ケントが今季26度目のトップタイムをマーク。今季6度目の初日総合1番手に飛び出した。

気温31度。路面温度が午前の30度から44度に上昇したドライコンディションの中、フリー走行1で2番手のケントは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分09秒台を3回、2分08秒台を2回記録。2分08秒483の1番時計を刻んだ。

11日に20歳の誕生日を迎えたフリー走行1で5番手のブラッド・ビンダーは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分09秒台を1回、2分08秒台を1回記録して、0.167秒差の2番手に浮上。

所属チームとの間で契約更新に合意したフリー走行1で11番手のニッコロ・アントネッリは、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分09秒台を4回、2分08秒台を3回記録して、0.181秒差の3番手。

フリー走行1で今季4度目の1番時計、2度目の1番手発進を決めたエフレン・バスケスは、今季6度目の転倒を喫したが、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分09秒台を4回、2分08秒台を1回記録して、0.362秒差の4番手。午前のラップタイムで初日総合3番手に入れば、フリー走行1で8番手のホルヘ・ナバーロ、フリー走行1で4番手のミゲール・オリベイラ、フリー走行1で6番手のエネア・バスティアニーニ、フリー走行1で19番手のフリップ・エッテル、フリー走行1で3番手のロマーノ・フェナティが続いた。

フリー走行1で今季10度目の転倒を喫した21番手の尾野弘樹は、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分10秒台を2回、2分09秒台を2回記録して、1.061秒差の10番手、総合12番手。

前戦インディアナポリスGPに引き続き、アナ・カラスコの負傷代役として招集されたフリー走行1で7番手のイサック・ビニャーレスは11番手。フリー走行1で13番手のカレル・ハニカは12番手。

フリー走行1で36番手の鈴木竜生は、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分10秒台を2回、2分09秒台を1回記録して、1.197秒差の13番手、総合15番手に大躍進。

前戦で初表彰台を獲得したフリー走行1で23番手のジョン・マックフィーとフリー走行1で22番手のリビオ・ロイは、15番手と25番手だった。

フリー走行2‐リザルト
フリー走行初日総合‐リザルト

Tags:
Moto3, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP2, Darryn Binder, Niccolò Antonelli, Danny Kent, Leopard Racing

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
バレンティーノ・ロッシの初優勝

2 years ago

バレンティーノ・ロッシの初優勝