初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ラバットが今季5度目の初日総合1番手

フリー走行2:ラバットが今季5度目の初日総合1番手

74ポイント差のギャップを詰めに行くランク3位のラバットが、初日総合1番手。ザルコは4番手。中上は11番手。

第11戦チェコGPのフリー走行2は14日、アウトモトドローム・ブルノで行われ、ランク3位のティト・ラバットが今季11度目のトップタイムをマーク。第4戦スペインGP、第5戦フランスGP、第6戦イタリアGP、前戦インディアナポリスGPに続き、今季5度目の初日総合1番手に進出した。

気温33度。路面温度47度のドライコンディションの中、フリー走行1で4番手のラバットは、4度のコースインで19ラップを周回すると、2分03秒台を9回、2分02秒台を3回記録。2分02秒714の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で5番手のトーマス・ルティは、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分03秒台を3回、2分02秒台を2回記録して、0.097秒差の2番手。

フリー走行1で3番手のシモーネ・コルシは、3度のコースインで15ラップを周回すると、2分03秒台を4回、2分02秒台を1回記録して、0.167秒差の3番手。

フリー走行1で1番手のヨハン・ザルコは、2度のコースインで19ラップを周回すると、2分03秒台を5回、2分02秒台を1回記録して、0.260秒差の4番手。フリー走行1で8番手のサンドロ・コルテセ、フリー走行1で2番手のジョナス・フォルガー、フリー走行1で6番手のサム・ロース、フリー走行1で14番手のフリアン・シモン、フリー走行1で9番手のドミニケ・エガーターが続いた。

フリー走行1で11番手の中上貴晶は、3度のコースインで19ラップを周回すると、2分04秒台を6回、2分03秒台を4回記録して、0.961秒差の10番手、初日総合11番手。

前戦インディアナポリスGPで初優勝を挙げたフリー走行1で13番手のアレックス・リンスは、1.014秒差の12番手だった。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
Moto2, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP2, Tito Rabat, Thomas Luthi, Simone Corsi, EG 0,0 Marc VDS

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
バレンティーノ・ロッシの初優勝

2 years ago

バレンティーノ・ロッシの初優勝