初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:アントネッリが今季初のポールポジション

公式予選:アントネッリが今季初のポールポジション

前日に契約を更新した19歳のイタリア人ライダー、アントネッリがキャリア2度目のトップグリッドを獲得。尾野は18番手。鈴木は左足を骨折。

第11戦チェコGPの公式予選は15日、アウトモトドローム・ブルノで行われ、ランク9位のニッコロ・アントネッリが第6戦イタリアGPのフリー走行2以来今季4度目のトップタイムをマーク。昨年11月の最終戦バレンシアGP以来通算2度目のポールポジションを奪取した。

気温31度。路面温度43度のドライコンディションの中、フリー走行総合10番手のアントネッリは、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分08秒台を2回、2分07秒台を2回記録。2分07秒667の1番時計を刻んだ。

フリー走行3で今季27度目の1番時計を刻んで4戦連続9度目のフリー走行総合1番手に進出したダニー・ケントは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分08秒台を4回、2分07秒台を2回記録して、0.002秒差の2番手。3戦連続5度目のポールポジションを逃したが、3戦連続8度目の1列目を確保。

フリー走行総合6番手のホルヘ・ナバーロは、3度のコースインで15ラップを周回すると、2分08秒台を6回、2分07秒台を1回記録して、0.033秒差の3番手に入り、今季4度目の1列目を獲得。

フリー走行総合2番手のファビオ・クアルタラロは、0.148秒差の4番手。フリー走行総合7番手のアレックス・マスボー、フリー走行総合12番手のブラッド・ビンダー、フリー走行総合25番手のカレル・ハニカ、フリー走行総合4番手のエフレン・バスケス、フリー走行総合5番手のホルヘ・マルティン、フリー走行総合13番手のジョン・マックフィーがトップ10入り。

フリー走行総合3番手のミゲール・オリベイラは12番手。フリー走行総合8番手のエネア・バスティアニーニは15番手。

フリー走行総合15番手の尾野弘樹は、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分09秒台を1回、2分08秒台を1回記録して、0.978秒差の18番手。

フリー走行総合21番手の鈴木竜生は、3ラップ目に21番時計を刻んだが、7ラップ目に今季14度目の転倒を喫して、左足第5中足骨を骨折。明日の朝にメディカルチェックを受け、決勝レースの参戦を決める。

公式予選
スターティンググリッド

Tags:
Moto3, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP, Niccolò Antonelli, Jorge Navarro, Danny Kent, Ongetta-Rivacold, #CzechGP

Other updates you may be interested in ›