初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ロレンソが今季4度目の総合1番手

フリー走行3:ロレンソが今季4度目の総合1番手

ランク2位のロレンソが、連勝したヘレス、ルマン、ムジェロを再現するように、サーキットベストラップを更新して総合1番手に進出。

第11戦チェコGPのフリー走行3は15日、アウトモトドローム・ブルノで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが今季11度目のトップタイムをマーク。第4戦スペインGP、第5戦フランスGP、第6戦イタリアGPに続く今季4度目のフリー走行総合1番手に進出した。

初日総合1番手のロレンソは、1分56秒台を7回、1分55秒台を1回記録。サーキットベストラップ(1分55秒527)を更新する1分55秒476の1番時計を刻めば、初日総合6番手のバレンティーノ・ロッシは、1分57秒台を4回、1分56秒台を5回記録して、0.555秒差の2番手。

初日総合2番手のマルク・マルケスは、1分57秒台を1回、1分56秒台を10回記録して、0.568秒差の3番手。

初日総合8番手のブラドリー・スミスは、0.719秒差の4番手。初日総合3番手のアンドレア・イアンノーネ、初日総合13番手のマーベリック・ビニャーレス、初日総合11番手のヨニー・エルナンデェスが続いた。

初日総合14番手のエクトル・バルベラは、0.924秒差の8番手。2013年5月の第3戦スペインGP以来、2度目の公式予選2に直接進出すれば、初日総合5番手のアンドレア・ドビツィオーソ、初日総合4番手のダニ・ペドロサがトップ10入り。

 

初日総合7番手のポル・エスパルガロ、初日総合9番手のアレイシ・エスパルガロ、初日総合10番手のカル・クラッチロー、初日総合12番手のダニロ・ペトルッチ、初日総合15番手のスコット・レディングらが公式予選1に進み、初日総合17番手のジャック・ミラーは、今季9度目の転倒を喫した。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
MotoGP, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP3, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›