Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ、タイトル奪回に向けて暫定首位に浮上

ロレンソ、タイトル奪回に向けて暫定首位に浮上

ブルノで5年振り5勝目、4年連続9度目の表彰台を獲得し、2013年開幕戦以来となるランク1位に浮上。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第11戦チェコGPの決勝レースで、ポールポジションから1度もポジションを譲らず、第4戦スペインGP以来となる2度目のポール・トゥ・フィニッシュを達成。今季5勝目、最高峰クラス38勝目、キャリア通算59勝目を挙げ、今年初めてポイントリーダーに飛び出した。

「最後までプッシュの必要がなかった。もう少し速く走ることができたから、完璧なレースではなかった。ある程度の余裕があり、快適に走るには十分ではなかったけど、リスクを冒す必要がなかった。序盤、猛烈にプッシュして、マルクから逃げるために全力を尽くした。特に序盤はもう少し速い展開になると考えたけど、Moto2™クラスのレースの後でトラックはあまりグリップがなく、フルタンクだったから、速く走ることができなかった。」

「数ラップ後には、ブレーキングが良くなり始め、コーナーへの進入が速くなった。コンマ6秒差のアドバンテージを得るまで、ラップタイムをコンマ1秒ずつ伸ばすことができたから、逃げて勝つことができた」と、レースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #CzechGP

Other updates you may be interested in ›