初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ザルコが今季4勝目

決勝レース:ザルコが今季4勝目

ポイントリーダーのザルコが今季3度目のポール・トゥ・フィニッシュを決め、ラバットとリンスが表彰台。中上は12位。

第11戦チェコGPの決勝レースは16日、アウトモトドローム・ブルノで行われ、ポイントリーダーのヨハン・ザルコが優勝。今季4勝目、キャリア通算5勝目を挙げ、タイトル争いのライバルたちに対して、ポイントアドバンテージを広げた。

気温25度。路面温度37度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末3度目、今季16度目の1番時計を刻んだポールポジションのザルコは、スタートでポジションを落としたが、2ラップ目にトップに再浮上。第2戦アメリカズGPから10戦連続の表彰台を連取すれば、2番グリッドのティト・ラバットは、1.421秒差の2位に入り、今季6度目の表彰台を獲得すれば、3番グリッドのアレックス・リンスは、1.785秒差の3位に入り、3戦連続6度目の表彰台を獲得。

7番グリッドのアレックス・マルケスは、4.393秒差の4位に入り、中量級の最高位に進出。13番グリッドのサム・ロース、10番グリッドのジョナス・フォルガー、5番グリッドのトーマス・ルティ、4番グリッドのサンドロ・コルテセ、15番グリッドのルイス・サロン、8番グリッドのフランコ・モルビデッリがトップ10入り。

ウォームアップ走行で15番手だった16番グリッドの中上貴晶は、1ラップ目に22番手に後退したが、ポジションを巻き返して、12位に進出。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのヨハン・ザルコが、ランク2位に再浮上したラバットに79ポイント差、ランク3位のリンスに80ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦イギリスGPは、シルバーストン・サーキットで28日に開幕、30日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
Moto2, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, RAC, Alex Rins, Tito Rabat, Johann Zarco, Ajo Motorsport, #CzechGP

Other updates you may be interested in ›