初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ロレンソが今季5勝目でランク1位に浮上

決勝レース:ロレンソが今季5勝目でランク1位に浮上

ランク2位のロレンソが、優勝で今季初めてポイントリーダーに進出。マルケス、ロッシが表彰台を獲得。

第11戦チェコGPの決勝レースは16日、アウトモトドローム・ブルノで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが今季5勝目、最高峰クラスで38勝目、キャリア通算59勝目を挙げ、3年振りのタイトル奪回に向け、ポイントリーダーに飛び出した。

気温26度。路面温度39度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末5度目、今季14度目の1番時計を刻んだポールポジションのロレンソは、ホールショットを決めると、1度もポジションを譲らず、第4戦スペインGP以来となるポール・トゥ・フィニッシュを決めれば、2番グリッドのマルク・マルケスは、4.462秒差の2位に入り、4戦連続6度目の表彰台を獲得。

3番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、10.397秒差の3位に入り、開幕戦カタールGPから11戦連続の表彰台を獲得。4番グリッドのアンドレア・イアンノーネ、9番グリッドのダニ・ペドロサ、6番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソ、5番グリッドのブラドリー・スミス、8番グリッドのポル・エスパルガロ、15番グリッドのアレイシ・エスパルガロ、13番グリッドのダニロ・ペトルッチがトップ10入り。

16番グリッドのステファン・ブラドルは、19番手のアルバロ・バウティスタに続く14位に入り、アプリリアで初ポイントを獲得。

3人が繰り広げたオープンオプションのトップ争いは、18番グリッドのロリス・バスが11番グリッドのエクトル・バルベラと21番グリッドのニッキー・ヘイデンを抑えて、15位に進出。

7番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、9番手走行中の16ラップ目に今季4度目の転倒。デビュー戦から続いていた連続ポイント圏内進出の記録が途切れると、10番グリッドのカル・クラッチローは、10番手走行中の15ラップ目に今季8度目の転倒を喫して、4度目のリタイヤ。

チャンピオンシップは、ロレンソがロッシにポイント差で並び、優勝数でランク1位に浮上。ランク3位のマルケスは、52ポイント差。

次戦イギリスGPは、シルバーストン・サーキットで28日に開幕、30日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
MotoGP, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, RAC, Valentino Rossi, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›