初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペロトッチが今季7度目のトップ10でランク10位に再浮上

ペロトッチが今季7度目のトップ10でランク10位に再浮上

11戦連続のポイント圏内進出で、過去3年間で稼いだ通算獲得ポイントの70に、あと7ポイントに接近。

オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第11戦チェコGPの決勝レースで、13番グリッドから10位。参戦2年目の2013年以来2度目となる11戦連続の完走、さらに3戦連続7度目のトップ10入りを達成し、第6戦イタリアGP以来となるランク10位に再浮上した。

昨年10月1日に当チームと2年契約を締結して、ファクトリーチームに昇格したアンドレア・イアンノーネの後任に指名されると、型落ちのデスモセディチGP14.1で安定した走りを見せると、11戦目ではアレイシ・エスパルガロを追走して、ホルヘ・ロレンソ、バレンティーノ・ロッシ、イアンノーネ、ブラドリー・スミスと並び全戦完走、全戦ポイント圏内進出を達成。

「満足だ。スターティンググリッドが良くなかったから簡単ではなかったけど、1ラップ目にポジションを上げることができ、9番手を維持することに専念したけど、リアタイヤに苦しんだ。アレイシを抜く自信があり、全力を尽くしたけど、グリップが特にコーナーの立ち上がりであまりなかったから、リスクを冒さず、このリザルトを持ち帰ることを選んだ」と、レースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Danilo Petrucci, Octo Pramac Racing, #CzechGP

Other updates you may be interested in ›