初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スミス:「最高のスタートだ」

スミス:「最高のスタートだ」

契約を更新して迎えたホームグランプリで、会心の3番手発進を決め、2日目に自信。

モンスター・ヤマハ・テック3のブラドリー・スミスは、第12戦イギリスGPの初日に7番時計と3番時計を記録。トップタイムから0.193秒差の初日総合3番手に進出して、ホームレースに向けて好発進した。

フリー走行1は、1.202秒差の7番手。フリー走行2は、3度のコースインで17ラップを周回すると、2分03秒台を5回、2分02秒台を3回記録。

「ホームグランプリのグレートなスタート。ヤマハは本当に良く機能する。シルバーストンでのレースに対して、特にライディングスタイルに自信がある。昨年のフィリップアイランドのように、ハイスピードトラックに対して、恐怖感はない。フリー走行1はトラックコンディションが最高ではなかったから、少し苦戦したけど、午後になるとグリップレベルが高まり、僕たちはフロント、リア共に2タイプのコンパウンドを分析することができ、それはポジティブだった。日曜の気温が確かではないから、どのような状況にも対応できるように準備を整える必要がある。」

「契約を更新した後、ホームグランプリをこのような形でスタートできたことは最高だ。ストレスがない。自分の仕事に集中できる。チームは素晴らしい努力で頑張ってくれた。フリー走行3に自信を持って始められる。僕たちの目標は、レースに向けてベースセットアップの仕事を続けることだ」と、会心の笑みで初日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, Bradley Smith, Monster Yamaha Tech 3, #BritishGP

Other updates you may be interested in ›