初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ロレンソが3戦連続の初日総合1番手発進

フリー走行2:ロレンソが3戦連続の初日総合1番手発進

ポイントリーダーのロレンソが、後半戦3戦連続となる初日総合1番手。マルケス、スミス、ペドロサ、ドビツィオーソが続き、ロッシは10番手。

第12戦イギリスGPのフリー走行2は28日、シルバーストンで行われ、ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソが今季16度目のトップタイムをマーク。第4戦スペインGP、第10戦インディアナポリスGP、前戦チェコGPに続いて、3戦連続4度目の初日総合1番手に進出した。

気温19度、路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手のロレンソは、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分03秒台を1回、2分02秒台を最多の7回記録。2分02秒338の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で今季30度目の1番時計、今季4度目の1番手発進を決めたマルク・マルケスは、3度のコースインで17ラップを周回すると、2分03秒台を3回、2分02秒台を6回記録して、0.033秒差の2番手。

フリー走行1で7番手のブラドリー・スミスは、3度のコースインで17ラップを周回すると、2分03秒台を5回、2分02秒台を3回記録して、0.193秒差の3番手に浮上。

フリー走行1で8番手のダニ・ペドロサは、3度のコースインで15ラップを周回すると、2分03秒台を4回、2分02秒台を3回記録して、0.235秒差の4番手。フリー走行1で5番手のアンドレア・ドビツィオーソ、フリー走行1で13番手のアレイシ・エスパルガロ、フリー走行1で9番手のポル・エスパルガロが続き、フリー走行1で4番手だったアンドレア・イアンノーネは、今季2度目の転倒を喫して8番手。フリー走行1で6番手のスコット・レディングは9番手。

フリー走行1で3番手のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分03秒台を9回記録して、0.989秒差の10番手に後退した。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, FP2, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Bradley Smith, Movistar Yamaha MotoGP, #BritishGP

Other updates you may be interested in ›