初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス:「改善の余地がある」

マルケス:「改善の余地がある」

ポイント差の挽回を目指して乗り込んで来たシルバーストンで、初日僅少さの2番手発進。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第12戦イギリスGPの初日に1番時計と2番時計を記録。トップタイムから0.033秒差の初日総合2番手に進出した。

フリー走行1で今季30度目の1番時計を刻み、今季4度目の1番手発進を決めると、フリー走行2は、3度のコースインで17ラップを周回すると、2分03秒台を3回、2分02秒台を6回記録。

「今日はすごく良かった。ポジティブな1日目となり、1度目のプラクティスから大きく改善され、進歩して行った。重要なのはすごく快適なこと。すごく強く、大きな自信を持って走っているホルヘと同じレベルで、上位に位置する。まだ改善の余地があるトラックの1つのセクターを良くして行くために、明日の目標は今日の仕事の流れを維持すること。長いレースとなるから、バイクのセッティングに集中しよう」と、2日目の課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #BritishGP

Other updates you may be interested in ›