初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:ナバーロが快走の最速時計

公式予選:ナバーロが快走の最速時計

初日から好走を見せたナバーロが、サーキットベストラップをコンマ6秒更新して、キャリア初のドップグリッドを獲得。

第12戦イギリスGPの公式予選は29日、シルバーストンで行われ、ランク10位のホルヘ・ナバーロが週末2度目、今季4度目トップタイムをマーク。通算24戦目で初のポールポジションを獲得した。

気温20度、路面温度31度のドライコンディションの中、フリー走行総合3番手のナバーロは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分13秒台を4回、2分12秒台を1回。スリップを利用せずに、サーキットベストラップ(2分13秒112)を0.672秒更新する2分12秒440の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合2番手のカレル・ハニカは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分13秒台を1回、2分12秒台を1回。ナバーロを追いかけて、0.539秒差の2番手に入り、自己最高位タイのグリッドを獲得。

フリー走行総合4番手のダニー・ケントは、2度のコースインで10ラップを周回すると、2分13秒台を2回して、0.604秒差の3番手に入り、4戦連続9度目の1列目を確保。

フリー走行総合7番手のエフレン・バスケスは4番手。フリー走行総合21番手のイサック・ビニャーレス、フリー走行総合16番手のアレックス・マスボー、フリー走行総合20番手のエネア・バスティアニーニ、フリー走行総合8番手のロマーノ・フェナティ、フリー走行総合18番手のミゲール・オリベイラ、フリー走行総合9番手のブラッド・ビンダーがトップ10入り。

参戦12戦目で初めて1番時計を刻んでフリー走行総合1番手に進出したホルヘ・マルティンは、1.776秒差の16番手。フリー走行総合6番手のニッコロ・アントネッリは18番手。

フリー走行総合31番手の尾野弘樹は、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分15秒台を2回して、2.954秒差の31番手。フリー走行総合33番手の鈴木竜生は、4度のコースインで12ラップを周回すると、2分16秒台を2回して、3.850秒差の33番手だった。

公式予選
スターティンググリッド

Tags:
Moto3, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, QP, Jorge Navarro, Danny Kent, Karel Hanika, Estrella Galicia 0,0, #BritishGP

Other updates you may be interested in ›