初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:マルケスが3年連続5度目のポールポジションを奪取

公式予選:マルケスが3年連続5度目のポールポジションを奪取

フリー走行4で最速ペースを刻んだランク3位のマルケスが、サーキットベストラップをコンマ4秒更新。ロレンソ、ペドロサ、ロッシが続いた。

第12戦イギリスGPの公式予選は29日、シルバーストンで行われ、ランク3位のマルク・マルケスが週末3度目、今季32度目のトップタイムをマーク。今季6度目、最高峰クラスで28度目、当地で3年連続5度目、キャリア通算56度目のポールポジションを奪取した。

気温21度、路面温度32度のドライコンディションの中、フリー走行総合2番手のマルケスは、フリー走行4でリアに硬め選択のコンパウンドを装着して、2分02秒台を1回、2分01秒台を9回記録して1番手に進出すると、公式予選2は、サーキットベストラップ(2分00秒691)を0.457秒更新する2分00秒234の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合1番手に進出したホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で2分02秒台を7回記録して、0.931秒差の4番手。公式予選2は、0.288秒差の2番手に入り、4戦連続9度目の1列目を確保。

フリー走行総合4番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で2分02秒台を5回記録して、0893秒差の3番手。公式予選2は、0.482秒差の3番手に入り、今季4度目の1列目を獲得。

フリー走行総合7番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で2分02秒台を3回記録して、1.086秒差の7番手。公式予選2は、0.713秒差の4番手に入れば、フリー走行総合9番手のポル・エスパルガロ、フリー走行総合6番手のブラドリー・スミス、フリー走行総合5番手のスコット・レディング、フリー走行総合8番手のカル・クラッチローが続いた。

フリー走行総合10番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で2分02秒台を5回記録して、0.847秒差の3番手に浮上したが、公式予選2は1.640秒差の9番手に後退。フリー走行総合12番手のアレイシ・エスパルガロは、公式予選1で2番手、公式予選2で10番手。フリー走行総合14番手のヨニー・エルナンデェスは、公式予選1で1番手に入り、2戦連続8度目の公式予選2は11番手。

フリー走行総合3番手のアンドレア・ドビツィオーソは、フリー走行4で1.091秒差の6番手、公式予選2は12番手。

フリー走行総合17番手のロリス・バスは、公式予選1で5番手に入り、オープンオプションの最高位に進出した。

フリー走行4
公式予選1
公式予選2
スターティンググリッド

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, Q2, Jorge Lorenzo, Dani Pedrosa, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #BritishGP

Other updates you may be interested in ›