初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:マルティン&マヒンドラが初の最速時計

フリー走行3:マルティン&マヒンドラが初の最速時計

ランク19位のマルティがルーキーズ・カップの経験を活かして初めての1番時計。ケントが最速ペースで4番手に浮上。

第12戦イギリスGPのフリー走行3は29日、シルバーストンで行われ、ランク19位のホルヘ・マルティンが昨年当地で開催されたレッドブル・ルーキーズ・カップでポールポジションから2連勝を達成した経験を活かして、今季初めてトップタイムをマーク。初めてフリー走行総合1番手に飛び出した。

初日総合16番手のマルティンは、7ラップ目に電子制御の問題に見舞われながら、最終ラップに2分13秒785を刻み、マヒンドラに2013年6月の第7戦TTアッセン公式予選以来、40戦ぶりにMoto3™クラスで2度目の1番手をもたらすと、初日総合9番手のカレル・ハニカは、0.022秒差の2番手に浮上。

初日総合4番手のホルヘ・ナバーロは、2分14秒台を1回、2分13秒台を2回記録して、0.057秒差の3番手。初日総合6番手のダニー・ケントは、2分14秒台を最多の4回、2分13秒台を2回記録して、0.131秒差の4番手。

初日総合13番手のファビオ・クアルタラロは、5番手に浮上。初日総合2番手のニッコロ・アントネッリ、初日総合11番手のエフレン・バスケス、初日総合12番手のブラッド・ビンダー、初日総合14番手のジョン・マックフィー、初日総合10番手のフランセスコ・バグナイアがトップ10入り。

初日総合1番手に進出したロマーノ・フェナティは、フリー走行2のラップタイムを更新できずに15番手、総合8番手。初日総合18番手のエネア・バスティアニーニは19番手。

初日総合29番手の尾野弘樹は、2.769秒差の30番手、総合31番手。初日総合32番手の鈴木竜生は、3.241秒差の33番手、総合33番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto3, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, FP3, Karel Hanika, Jorge Martin, Jorge Navarro, MAPFRE Team MAHINDRA

Other updates you may be interested in ›