初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペトルッチ:「まだ何が起きたのか理解できない」

ペトルッチ:「まだ何が起きたのか理解できない」

参戦4年目の12戦で、過去3年間で稼いだ通算70ポイントを上回り、ランク8位に浮上。

オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第12戦イギリスGPの決勝レースで、18番グリッドから初めてドゥカティ勢の最高位となる2位に進出。キャリア62戦目で初の表彰台、自己最高位を獲得し、ランク10位から8位に浮上した。

ウェットコンディションとなったウォームアップ走行で、バレンティーノ・ロッシから0.609秒差の2番手に進出。昨年11月のオフィシャルテスト2日目に1番時計を記録したパフォーマンスを再現させると、6列目から1ラップ目に9番手、4ラップ目に5番手、8ラップ目に3番手、14ラップ目には2番手に浮上。

「信じられないレースだった。まだ何が起きたのか理解できない。ウォームアップ走行で速かったけど、レースは別のこと。ペドロサとロレンソを抜いたとき、プレッシャーを掛けて来ると考えて怖かった。その後に、ドビが襲って来たから、集中力を維持することを専念した。」

「チームは素晴らしい仕事をしてくれた。ドライからウェットに状況が変わったけど、問題を解決してくれた。全ての準備を整えてくれ、大きな自信を与えてくれた。僕を信頼してくれるチーム、プラマック、ドゥカティに感謝したい。僕を走らせるために大きな犠牲を払ってくれた両親にこの結果を捧げたい。世界で最も大きなことで恩返しができた」と、初表彰台の喜びを語った。

ホームレースとなる次戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPでは、前半戦終了後のプライベートテストを経て、デスモセディチGP14.1からGP14.2に乗り換えが決まっている。

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, Danilo Petrucci, Octo Pramac Racing, #BritishGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›