Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ロッシが優勝でポイントリーダーに再浮上

決勝レース:ロッシが優勝でポイントリーダーに再浮上

ロッシが優勝、ペトルッチが2位、ドビツィオーソが3位、イタリア勢が表彰台独占、ロレンソが4位、マルケスが転倒リタイヤ。

第12戦イギリスGPの決勝レースは30日、シルバーストンで行われ、ランク2位のバレンティーノ・ロッシが今季4勝目。当地で初優勝、最高峰クラスで86勝目、キャリア通算112勝目を挙げ、ポイントリーダーの座を奪回した。

気温16度、路面温度18度のウェットコンディションの中、ウォームアップ走行で今季4度目の1番時計を刻んだ4番グリッドのロッシは、2ラップ目にトップに飛び出すと、降り続いた雨の中で高い集中力を維持。

18番グリッドのダニロ・ペトルッチは、1ラップ目に9番手、4ラップ目に5番手、8ラップ目に3番手、14ラップ目に2番手に浮上。トップから3.010秒差でチェッカーを受け、キャリア62戦目で初の表彰台、自己最高位を獲得すれば、12番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、3位に入って7戦振り今季5度目の表彰台を獲得。

イタリア勢が次戦のホームレースを前に、開幕戦カタールGP以来今季2度目の表彰台を独占。

2番グリッドのホルヘ・ロレンソは4位。3番グリッドのダニ・ペドロサ、7番グリッドのスコット・レディング、6番グリッドのブラドリー・スミス、9番グリッドのアンドレア・イアンノーネ、10番グリッドのアレイシ・エスパルガロ、20番グリッドのアルバロ・バウティスタがトップ10入り。

21番グリッドのニッキー・ヘイデンは、今季初めてオープンオプションの最高位となる12位に進出。

ポールポジションのマルク・マルケスは、2番手走行中のラスト8ラップに今季10度目の転倒、今季4度目の転倒リタイヤ。

8番グリッドのカル・クラッチローと16番グリッドのジャック・ミラーは接触転倒。5番グリッドのポル・エスパルガロ、11番グリッドのヨニー・エルナンデェス、14番グリッドのステファン・ブラドルも転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ランク2位のロッシがランク1位に再浮上し、ランク2位に後退したロレンソに12ポイント差、ランク3位のマルケスに77ポイント差にアドバンテージを広げた。

次戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPは、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで11日に開幕、13日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, RAC, Valentino Rossi, Andrea Dovizioso, Danilo Petrucci, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›