初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「非常に繊細だった」

ペドロサ:「非常に繊細だった」

期待した結果が得られなかったが、気持ちを切り替え、プライベートテストを実施したミサノで上位進出を狙う。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第12戦イギリスGPの決勝レースで、3番グリッドから5位。2戦連続の5位、4戦連続のトップ5入りに進出したが、2日目までのドライから一転してウェットにコンディションに変化したことから、上位争い、表彰台争いから遅れたことを悔やんだ。

週末初めてウェットとなったウォームアップ走行は、トップタイムから2.285秒差の11番手。今季4度目の1列目からスタートした決勝レースは、第2グループで表彰台争いを繰り広げていたが、終盤に引き離されてしまった。

「正直、あまり良い1日ではなかった。ウェットコンディションになって、バイクのストレンジな感触があり、あまりグリップがなく、走らせるのが非常に繊細だった。スタートでミスを犯し、レース中はグッドなペースを掴めなかった。その中で最善を尽くしたけど、最後までフィーリングは良くなかったし、結果には不満。ミサノで巻き返しができるように、そしてここ数戦よりも上位に進出できるように全力でトライしよう」と、次戦に向けて気持ちを切り替えた。

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #BritishGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ