初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビニャーレス、収穫大の初ウェットレース

ビニャーレス、収穫大の初ウェットレース

危機一髪で多重クラッシュを回避した後、初めてのウェットレースで5人抜きの快走。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、初めてのウェットレースとなった第12戦イギリスGPの決勝レースで、13番グリッドから11位。今季11度目の完走、11度目のポイント圏内に進出し、将来に向けて貴重経験を積んだ。

前戦チェコGPの転倒リタイアで、開幕から続いていたポイント連取の記録が途切れたが、昨年のMoto2™クラスで3位、3年前のMoto3™クラスで優勝したシルバーストンに戻って来ると、フリー走行1から12番手、12番手、11番手、13番手。

今季5度目となった公式予選1を突破できず、3度目の5列目から決勝レースを迎えると、スタート直後の1コーナーでヨニー・エルナンデェスとアレイシ・エスパルガロが接触。多重クラッシュを回避できたが、ポジションを落として、1ラップ目を22番手で通過。そこから5人を抜き、5人が転倒したことから、11位まで挽回した。

「1コーナーで発生したアクシデントが影響してしまったのは残念。目の前で、アレイシに接触したライダーが転倒したので、クラッシュを回避するために、急ブレーキをかけ、コーナーを大きくはらむ必要があり、最後尾に後退することを強いられた。」

「ポジションを挽回するために、全力でプッシュし、安定して速く走ることができた。もしかしたら、もし、最初のスタートポジションを維持できていたら、戦闘的に走れ、トップ6に接近できていたかもしれない。」

「重要なのは、初めてウェットレースを経験したこと。フィーリングはすごく良かった。確かに沢山のことを改善できる。そのことを理解した」と、収穫が多いレースとなったことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, OCTO BRITISH GRAND PRIX, Maverick Viñales, Team SUZUKI ECSTAR, #BritishGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

1 year ago

パドックガールズ