初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ロレンソが4戦連続の初日総合1番手

フリー走行2:ロレンソが4戦連続の初日総合1番手

ランク2位のロレンソが最速リズム、最速ラップで今季5度目の1番手発進。マルケス、ペドロサ、ドビツィオーソ、ロッシがトップ5入り。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は11日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが今季18度目のトップタイムをマーク。第4戦スペインGP、第10戦インディアナポリスGP、第11戦チェコGP、前戦イギリスGPに続き、4戦連続5度目の初日総合1番手に進出した。

気温23度。路面温度38度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手のロレンソは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分33秒台を最多の11回、1分32秒台を1回記録。サーキットベストラップ(1分32秒915)を更新する1分32秒871の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で今季33度目の1番手、5度目の1番手発進を決めたマルク・マルケスは、4度のコースインで20ラップを周回すると、1分33秒台を4回、1分32秒台を1回記録して、0.053秒差の2番手。

フリー走行1で4番手のダニ・ペドロサは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分33秒台を9回記録して、0.387秒差の3番手。

フリー走行1で5番手のアンドレア・ドビツィオーソは、4度のコースインで20ラップを周回すると、1分33秒台を5回記録して、0.420秒差の4番手。

フリー走行1で6番手のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで最多の23ラップを周回すると、1分33秒台を7回記録して、0.598秒差の5番手。

フリー走行1で7番手のポル・エスパルガロ、ダニロ・ペトルッチ、ブラドリー・スミス、ミケール・ピロ、カル・クラッチローがトップ10入り。フリー走行1で10番手のアンドレア・イアンノーネは1.261秒差の13番手。フリー走行1で15番手のユージン・ラバティがオープンオプションの最高位となる1.474秒差の15番手に進出した。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP2, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Dani Pedrosa, Movistar Yamaha MotoGP, #SanMarinoGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›