初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:総合1番手のケントが7度目の初日1番手

フリー走行2:総合1番手のケントが7度目の初日1番手

ランク1位のケントが、バスティアニーニ、フェナティ、アントネッリを抑えて、初日総合1番手。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は11日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われ、ポイントリーダーのダニー・ケントが今季29度目のトップタイムをマーク。2戦ぶり今季7度目の初日総合1番手に進出した。

気温23度。路面温度36度のドライコンディションの中、フリー走行1で7番手のケントは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分44秒台を5回、1分43秒台を2回記録。1分43秒097の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で8番手のニッコロ・アントネッリは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分44秒台を3回、1分43秒台を4回記録して、0.182秒差の2番手、初日総合4番手に浮上。

フリー走行1で5番手のミゲール・オリベイラは、3度のコースインで最多の18ラップを周回すると、1分44秒台を5回、1分43秒台を最多の5回記録して、0.233秒差の3番手、初日総合5番手。

フリー走行1で2番手のロナーネ・フェナティは、ラップタイムを更新できず、0.341秒差の4番手、初日総合3番手。

フリー走行1で今季6度目の1番時計、今季2度目の1番手発進を決めたエネア・バスティアニーニは、ラップタイムを更新できず、0.407秒差の5番手、初日総合2番手。

フリー走行1で12番手の尾野弘樹は、4度のコースインで15ラップを周回すると、1分44秒台を3回、1分43秒台を1回記録して、フリー走行1で4番手だったエフレン・バスケスに続いて、0.603秒差の7番手、初日総合8番手。

フリー走行1で3番手のブラッド・ビンダー、フリー走行1で9番手のアンドレア・ミニョ、フリー走行1で27番手のフランセスコ・バグナイアがトップ10入り。

フリー走行1で29番手の鈴木竜生は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分45秒台を1回、1分44秒台を3回記録して、1.393秒差の16番手、初日総合17番手。

フリー走行1で6番手のファビオ・クアルタラロは、今季7度目の転倒を喫した際に右足首を骨折。

フリー走行1で転倒を喫したホルヘ・ナバーロは、頭部と左肩を強打したことから、精密検査を受けるために近郊の病院に搬送されたことからセッションを欠場した。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
Moto3, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP2, Enea Bastianini, Danny Kent, Romano Fenati, Leopard Racing, #SanMarinoGP

Other updates you may be interested in ›