初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ラバットが週末2度目の最速時計

フリー走行3:ラバットが週末2度目の最速時計

総合3番手のラバットが優勝を挙げたムジェロを再現するように初日総合とフリー走行総合で1番手に進出。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行3は12日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われ、ランク3位のティト・ラバットが週末2度目、今季13度目のトップタイムをマーク。第6戦イタリアGP、第8戦TTアッセンに続き、今季3度目のフリー走行総合1番手に進出した。

初日総合1番手のラバットは、最多の26ラップを周回すると、1分38秒台を9回、1分37秒台を12回記録。1分37秒246の1番時計を刻めば、初日総合7番手のヨハン・ザルコは、1分38秒台を2回、1分37秒台を最多の16回記録して、0.076秒差の2番手に接近。

初日総合5番手のアレックス・リンスは、1分38秒台を4回、1分37秒台を10回記録して、0.089秒差の3番手。初日総合10番手のハーフィス・シャハリンは、1分38秒台を4回、1分37秒台を2回記録して、0.413秒差の4番手、総合7番手。

初日総合8番手の中上貴晶は、1分38秒台を15回、1分37秒台を2回記録して、0.434秒差の5番手、総合8番手。

初日総合9番手のトーマス・ルティは、0.519秒差の6番手。初日総合3番手のロレンソ・バルダッサーリは、今季11度目の転倒を喫して7番手、総合5番手。初日総合10番手のジョナス・フォルガー、初日総合2番手のドミニケ・エガーター、初日総合13番手のアレックス・マルケスがトップ10入り。

初日総合4番手のサム・ロースは0.828秒差の12番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto2, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP3, Alex Rins, Johann Zarco, Tito Rabat, EG 0,0 Marc VDS, #SanMarinoGP

Other updates you may be interested in ›