初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「僕は小さな魚。彼らが襲って来る」

ロッシ:「僕は小さな魚。彼らが襲って来る」

優勝した前戦後に浮かんだヘルメットのアイデアのように、ライバルたちから逃げる意向を説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で3番時計を記録。優勝した第8戦TTアッセン、3位表彰台を獲得した第11戦チェコGPに続く、今季3度目の1列目に進出した。

初日総合5番手だった後、フリー走行3でトップタイムから0.601秒差の3番手。レースシミュレーションとなったフリー走行4では、2度のコースインで16ラップを周回すると、1分33秒台を最多の11回記録して、0.356秒差の5番手。

「渋滞が激しかったから難しくなってしまったけど、グッドなラップをマークするタイミングを見つけることができた。セッティングもペースも良くなり、予選はそれほど悪くなかった。まだ解決すべく問題がある。特にセクター3。決定的に改良しなければいけない。」

「ホルヘは非常に強く、ベストなペースで走っているライダーだから、1列目からのスタートは非常に重要。マルクは序盤にホルヘと一緒に走る力があるから、1ラップが極めて重要になる。」

「僕のホームグランプリだから、みんなが僕に挑戦して来る。ヘルメットのシャークは、ホルヘ、マルク、ドゥカティ勢を表す。僕は小さな魚だから、彼らは僕を襲いに来るけど、逃げよう。それが目標だ」と、スペシャルヘルメットのデザインを例えに決勝レースの作戦を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #SanMarinoGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›