初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:バスティアニーニが地元で1番手

公式予選:バスティアニーニが地元で1番手

地元リミニ出身の総合2番手バスティアニーニが、ビンダーとケントを抑えて、通算3度目のトップグリッドを獲得。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は12日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われ、ランク2位のエネア・バスティアニーニが、第8戦TTアッセンの公式予選以来今季6度目のトップタイムをマーク。第7戦カタルーニャGP、第8戦TTアッセンに続き、今季3度目のポールポジションを奪取した。

気温23度。路面温度36度のドライコンディションの中、フリー走行総合6番手のバスティアニーニは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分43秒台を3回、1分42秒台を2回記録。1分42秒486の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合2番手のブラッド・ビンダーは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分43秒台を5回、1分42秒台を2回記録して、0.037秒差の2番手に入り、キャリア初の1列目を獲得。

フリー走行3でサーキットベストラップを更新して週末2度目、今季30度目の1番時計を刻んで今季10度目のフリー走行総合1番手に進出したダニー・ケントは、2度のコースインで14ラップを周回すると、1分43秒台を3回、1分42秒台を1回記録して、0.296秒差の3番手に入り、5戦連続10度目の1列目を確保。

フリー走行総合3番手のニッコロ・アントネッリは、0.326秒差の4番手。フリー走行総合4番手のロマーノ・フェナティ、フリー走行総合8番手のミゲール・オリベイラ、フリー走行総合9番手のエフレン・バスケス、フリー走行総合26番手のロレンソ・ダッラ・ポルタ、フリー走行総合7番手のフィリップ・エッテルが続いた。

フリー走行総合21番手の尾野弘樹は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分44秒台を5回、1分43秒台を2回記録して、0.785秒差の10番手。今季4度目のトップ10に進出すれば、フリー走行総合19番手の鈴木竜生は、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分44秒台を2回、1分43秒台を4回記録して、1.148秒差の19番手。

フリー走行2で今季7度目の転倒を喫した際に右足首を骨折したファビオ・クアルタラロは、次戦アラゴンGPの参戦を目指して、バルセロナ市内の大学病院で手術を受けるために、スペインに移動。

フリー走行1で今季12度目の転倒を喫した際に頭部を強打したホルヘ・ナバーロは、精密検査を受けた近郊の病院から退院したが、医師団から参戦の許可が下らなかった。

公式予選
スターティンググリッド

Tags:
Moto3, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, QP, Enea Bastianini, Brad Binder, Danny Kent, Gresini Racing Team Moto3

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行2:ロレンソが4戦連続の初日総合1番手

1 year ago

フリー走行2:ロレンソが4戦連続の初日総合1番手