初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:ロレンソが今季3度目のポールポジションを奪取

公式予選:ロレンソが今季3度目のポールポジションを奪取

12ポイント差の挽回を目指す総合2位のロレンソが2日目全セッションを制して、トップグリッドを獲得。マルケスとロッシが1列目に進出。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は12日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが週末4度目、今季21度目のトップタイムをマーク。今季3度目、当地で2連続2度目、最高峰クラスで33度目、キャリア通算59度目のポールポジションを奪取した。

気温25度。路面温度39度のドライコンディションの中、3戦連続6度目のフリー走行総合1番手に進出したロレンソは、レースシミュレーションとなったフリー走行4で1分33秒台を8回記録。1分33秒063の1番時計を刻めば、公式予選2では、昨年までのサーキットベストラップ(1分32秒915)を0.829秒更新する1分32秒146の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合2番手のマルク・マルケスは、フリー走行4で1分33秒台を8回記録して、0.010秒差の2番手。公式予選2は、0.106秒差の2番手に入り、6戦連続11度目の1列目を獲得。

フリー走行総合3番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1分33秒台を最多の11回記録して、0.356秒差の5番手。公式予選2は、0.212秒差の3番手に入り、今季3度目の1列目に進出。

フリー走行総合5番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で1分33秒台を3回記録して、0.129秒差の3番手。公式予選2は、0.288秒差の4番手。

今季2度目のワイルドカード参戦となるフリー走行総合6番手のミケーレ・ピロは、0.590秒差の5番手に入り、自己最高位を獲得。ドゥカティ勢の最高位に進出すれば、フリー走行総合7番手のブラドリー・スミス、フリー走行総合8番手のアンドレア・イアンノーネ、フリー走行総合4番手のアンドレア・ドビツィオーソ、フリー走行総合10番手のダニロ・ペトルッチが2列目、3列目に進出。

フリー走行総合12番手のアレイシ・エスパルガロは、今季6度目の公式予選1で1番手、公式予選2で10番手。フリー走行総合11番手のカル・クラッチローは、今季2度目の公式予選1で2番手、公式予選2で11番手。

フリー走行総合9番手のポル・エスパルガロは、今季10度目の転倒を喫して12番手。フリー走行総合17番手のロリス・バスは、公式予選1でオープンオプション勢の最高位となる6番手に進出した。

公式予選2
公式予選1
フリー走行4
スターティンググリッド

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Q2, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Marc Marquez, Movistar Yamaha MotoGP, #SanMarinoGP

Other updates you may be interested in ›