初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「微調整が必要」

ロレンソ:「微調整が必要」

2007年から8年連続してトップ2に進出してきたミサノで、9年連続の1列目を獲得。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で週末4度目、今季21度目の最速時計を記録。今季3度目、当地で2連続2度目、最高峰クラスで33度目、キャリア通算59度目のポールポジションを奪取した。

フリー走行3で週末2度目の1番時計を刻んで3戦連続6度目のフリー走行総合1番手に進出した後、レースシミュレーションとなったフリー走行4は、2度のコースインで14ラップを周回すると、1分33秒台を8回記録。1分33秒063の1番時計を刻めば、公式予選2では、昨年までのサーキットベストラップ(1分32秒915)を0.829秒更新する1分32秒146の1番時計を刻んだ。

「常に1番手、2番手に進出することが重要。予選も同じ。トラックコンディションが異なり、中古タイヤと新品タイヤを含めて、全てのプラクティスで2番手以内に進出することができた。週末は素晴らしい仕事をしたいと思う。グッドなセッティングがある。明日に向けて微調整が必要なだけ。」

「新しい路面は以前よりも摩擦が激しいから、リアタイヤのパフォーマンスがどのように低下するのか確認しよう。同じペースを維持することは難しいだろう。ほぼ全員が同じタイヤを使用することになるから、グッドなレースができるように準備しよう」と、タイヤの消耗が勝負を左右することを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #SanMarinoGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
決勝前日に観戦券完売

1 year ago

決勝前日に観戦券完売