初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「ファンの前でトップ3に入りたかった」

ロッシ:「ファンの前でトップ3に入りたかった」

超満員に膨らんだサーキットで表彰台を逃したが、タイトル奪回に向け、ポイントアドバンテージを拡大。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、3番グリッドから2度のマシン交換を実行して5位でフィニッシュ。過去最高の入場者数を記録したファンの前で、昨年10月の第15戦日本GPから続いていた連続表彰台獲得記録が16戦で途切れたが、残り5戦、125ポイントのタイトル争いにおいて、ランク2位とのアドバンテージを12ポイント差から23ポイント差に拡大することに成功した。

「確かにチャンピオンシップを制することは、レースに勝つことよりも重要。これが第一目標だ。不運にもホルヘが転び、11ポイントを稼ぐことができた。これはチャンピオンシップにとって良いことだけど、表彰台を獲得できなかったことは残念。全てのファンの前でトップ3に入りたかった。」

「クレージーなレースだった。バイクを乗り換えることが必要で、今回は2度の乗り換えとなり、少し幸運が必要で、状況を理解するために素早く検討することが要求される。5位はグッドなリザルトだけど、今からアラゴンのことを考えよう。残り5戦。ホルヘは毎戦優勝する能力がある。マルクも全てのトラックで強いから、全てを決定する多くのポイントを争うことになる。」

「アラゴンは常に困難なトラックだけど、テストを実施して、ラップタイムは悪くなかったから、グッドなレースと表彰台争いにトライしなければいけない」と、アドバンテージ拡大も気を引き締めた。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #SanMarinoGP

Other updates you may be interested in ›

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
レディング:「何かの間違いだと思った」

2 years ago

レディング:「何かの間違いだと思った」